軽自動車のオープンカーについて。

ダイハツでは、新型の軽自動車のオープンカーの発表を2012年12月に実施しました。車のタイプは「D-X(ディークロス)」で3種類のコンセプトを持った車としてメディアなどでも注目を集めた車です。樹脂ボディーを採用しており、車体全体が軽くなっているため、排気量が少なくても爽快な走りが楽しめることができることが特徴です。使用方式もオープンカー以外にも、レースやバギー仕様など用途に合わせて使い方を変更できることが魅力となった、3種類のモデル変更ができることが特徴といえます。

燃費向上のために、エンジンにも新型の工夫が凝らされており、低燃費化を実現しています。ダイハツでは10年間生産をしてきた「コペン」の生産中止を2013年の夏に決定していることから、生産中止を惜しむファンの声も多く、2014年度には再び、新型モデルの軽自動車のオープンカーを発表する予定となっています。コペンを引き継いだモデルになることが予想されており、価格もおおよそ本体価格で100万円台となることが予想されています。低燃費だけではなく、オープンカーならではの爽快な走りを実現するためにも、ぜひファンの中でも楽しみたい車の一つということがいえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント