軽自動車のオープンカーについて。

生産終了

カテゴリー 未分類

軽自動車のオープンカーとして固定ファンがいたダイハツのオープンカー「コペン」ですが、2012年に生産が中止となることが決定されました。若者の車離れや、長引く不況の影響で、需要が下火になったことも大きな要因でしょう。コペンは2002年から発売されて10年続いた、ダイハツのオープンカーの中では人気ブランドで、手軽な価格と力強い爽快な走りを兼ね備えた人気のタイプとなっています。車体のフォルムは柔らかい丸みを帯びた形状をしており、どこかレトロな感じを残しつつ、すがすがしい印象を与える車体でした。

 

本革を使用したシートや、アルミホイールにブランド品を使用するなど、高級感を出した車内と、二人乗りながらゆったりとくつろげるスペースとなっていることもあり、団塊の世代にも愛された車の一つということがいえます。名前の由来は当初は「軽自動車」という意味の「KOPEN」ということだったものが、オープンカースタイルになって「C-KOPEN」となり現在のスタイルとして流通しました。海外にも輸出している人気ぶりで、世界的に見ても珍しいタイプのオープンカーといえます。10年という節目もあり、ベースグレードした特別仕様車をダイハツでも発売予定ということもあり注目が集まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント