軽自動車のオープンカーについて。

本体価格

カテゴリー 未分類

通常の乗用車タイプのオープンカーや外車のタイプのオープンカーは価格面を見ても、かなり高額に設定されているのが一般的です。一例を比較してみるのであれば、外車で有名なBMWの「3シリーズカブリオレ」では本体価格800万円台、ボルボの「C70カブリオレ」で600万円弱、アストンマーティンの「DBSヴォランテ」で本体価格3500万円台と高級車の部類に入ります。もちろん、このようなオープンカーにも根強い人気がありますが、日本国内でも日産やトヨタでもオープンカーを生産しており、価格は数百万円台となっております。

それらに比べると、軽自動車のオープンカーは新車であったとしても100万円台から購入することができるので、車体自体の購入コストはそれほど大きな金額でなくても、十分にカバーすることができるというポイントがあります。また、年間の税金面などの負担を比較しても、通常の軽自動車と変わらない程度に抑えられているのでその点に関しては、非常にメリットが大きいということがいえます。軽自動車のオープンカーの中古自動車も市場に流通しているので、ぜひ興味がある人は価格などを調べて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント